体内に薬の成分を持ったおじいさん。1100回の献血で240万人の新生児を救い81歳で引退へ

体内に薬の成分を持ったおじいさん。1100回の献血で240万人の新生児を救い81歳で引退へ
1 名前:名無しさん@涙目です。(空) [CA]:2018/05/16(水) 13:21:58.65 ID:YNlj6I2P0

特殊な体質のおじいさん 新生児240万人を救った秘密とは?豪州
1オーストラリアの81歳の男性ジェームズ・ハリソンさんは、今月11日、人生最後の献血を行った。同国赤十字血液サービスによると、ハリソンさんは過去60年間、1100回以上の献血で、240万人以上の新生児の生命を救ってきたことから、「黄金の腕を持つ男」として尊敬を集めてきたという。

ハリソンさんがこれほど多くの赤ちゃんの生命を救えた理由は、献血への協力回数ではなく、その特殊な血液にある。ハリソンさんの血液には、妊婦のお腹のなかの赤ちゃんを守るための「抗D人免疫グロブリン」という血液製剤を作るための極めて珍しい抗体が含まれているのだ。

私たちの血液型を決定するのは、ABO式とともに、Rh式がある。Rh式はD、E、Cなど6種類の因子があり、このうち、D因子を持つ場合は「Rh(+)」、持たない場合を「Rh(-)」と区別する。日本人におけるRh(-)の割合は約200人にひとりと少ないが、白人では約15%と多い。

Rh(-)の母親が、Rh(+)の赤ちゃんを妊娠することは「Rh式血液型不適合妊娠」と呼ばれており、妊娠中や出産時に母親の血液中に赤ちゃんの血液が入ると、異物であるD因子を排除するための抗体が作られる。

次に妊娠したとき、この抗体は胎盤を通って赤ちゃんの血液に入り、D因子がある赤血球を壊してしまうため、二人目の妊娠では、流産や胎児の溶血性貧血、黄疸などの症状を引き起こすリスクが高くなる。

このため、Rh式血液型不適合妊娠の場合は、お母さんの血液に入った赤ちゃんの赤血球を排除するための抗D人免疫グロブリンを注射する必要がある。ハリソンさんには、この製剤の原料になる重要な抗体が含まれているのだという。
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24774.html

続きを読む

 記事引用元
体内に薬の成分を持ったおじいさん。1100回の献血で240万人の新生児を救い81歳で引退へ

 【画像あり】ズッキが痩せてただのブスになった件wwwwwwwwwww

【灼熱甲子園】氷で『◯◯◯◯』冷やすチアのJKが、地上波で映り込む放送事故→※撮られてるのに気付いて恥ずかしそうにする素振りがぐうカワwwwwww

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(芸能)へ
にほんブログ村

エンタメ(全般) ブログランキングへ

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


noimage
ビアンカ、フローラ論争が20年続いてる事実wwwwwwwwwww
【画像】宝石のような氷塊「ジュエリーアイス」が凄すぎワロタwwwwww
【スゲー!】オードリー春日、フィン水泳でメダル獲得していたwwwwwwww
【画像】ジャンプ、とんでもない読切を載せてしまう
【放送事故】テレビで放送された芸能人のちょいえろ放送事故wwwパート4
【画像】メイプルストーリー、経験値2倍キャンペーンのはずがバグで1024倍になるwwwww
高校生の茶髪・ピアス禁止は「戦中の統制主義を彷彿とさせる」 現役教師の新聞投書で議論沸騰
【画像】女の子の服の脱がせかたがこちらwww
【悲報】プラモの聖地と呼ばれた店、水没。10万点のプラモ(総額1億円以上)がドロにまみれ・・・
「餃子の王将」で人気メニュー1位はやはり餃子!! → ワースト1位はまさかの・・・
美おっぱいコンテスト2016 初代グランプリに選ばれたおっぱいをご覧ください!!
noimage
イランイスラム共和国1000リアル1982年[未使用]等2種
noimage

Menu

HOME

TOP