米が超兵器「空中空母」開発へ…「戦闘の形」が変わる

2chおもしろ 情報のお知らせです。

2chおもしろ情報を教えようかなあ。知りたい?

米が超兵器「空中空母」開発へ…「戦闘の形」が変わる
1 名前:くじら1号 ★@\(^o^)/:2014/12/30(火) 01:43:18.17 ID:???O.net

米が「空中空母」開発…無人機の発射・回収、空中給油で「戦闘の形」が変わる
SFの世界だけに存在すると思われていた「空中空母」の開発に、米国防総省高等研究計画局(DARPA)が乗りだし、話題となっている。まだ大学などの研究機関にアイデアを募集している段階だが、戦闘機の給油や無人機の発射・回収を可能にする空中空母が実現すれば、「戦闘の形」を大きく変えるのは間違いない。映画やゲームの世界でおなじみの超兵器「空中空母」は本当に実現するのか。

飛行中の戦闘機がミッションを受けた後、陸上基地に着陸せず、空中空母に着艦して燃料とミサイルを補給し、再出撃する-。空中空母といえば、ゲーム「エースコンバット」(バンダイナムコゲームズ)に登場する空中要塞や、米映画「アベンジャーズ」で活躍した、既存の空母の周囲四カ所に上昇用のエンジンを付けたものなどが思い浮かぶが、DARPAが開発するのは、こうした空母とは少し趣きが異なる。

米紙ワシントン・ポスト(電子版)などによると、RQ-4グローバルホークやRQ-1プレデターといった無人機用の母艦で、大量の無人機の発射、回収が可能というものだ。

その目的は、「無人機の活動可能範囲を広げることによって、経費の削減とパイロットの飛行事故や被撃墜などのリスクを減らす」(DARPA)というもの。グローバルホークは偵察用カメラや通信傍受機能を持ち、高度約1万8千メートルを30時間以上にわたり飛行する。操縦は米国本土から衛星経由で可能とされ、航続距離(片道)は約2万2千キロに及ぶ。
http://www.sankei.com/west/news/141125/wst1411250003-n1.html

続きを読む

記事引用元
米が超兵器「空中空母」開発へ…「戦闘の形」が変わる

次回も楽しみにして下さいね!

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(芸能)へ
にほんブログ村

エンタメ(全般) ブログランキングへ

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


「嵐」5人の仲の良さがわかる動画まとめ
【朗報】毛根再生で髪ふさふさ、再生医療革命が到来!!
男性教師、カツオ節にかんなくずを混ぜ生徒に食べさせる
【画像】 香山リカさん、中指立ててヘイトを撒き散らす
【衝撃】 元少年Aの素顔と住所がバレた! 文春記者に元少年Aがブチギレ激怒 / 現在の素顔写真を掲載へ
【画像】桐谷美玲のお花見インスタ写真が美女しかいない件wwwwww
元カレがストーカー化…どう身を守る?
この引きこもりの漫画ワロタwww
ヒアリに噛まれてほしいおじゃる丸のキャラクター
仙台空港で日本版ナッツリターン!?大雪欠航に東方神起ファン70名が「臨時便を出せ」と号泣罵倒絶叫!
あのセクシー系女優が「おむつ」で大儲けしてた…
【韓流エンタメニュース】G-Dragon流出映像!ビッグバンのジードラゴンと水原希子の熱愛説が再浮上した問題の アイスバケツチャレンジ映像を公開!
破壊力抜群!!これが明治時代のキラキラネームwwwwwwwww
noimage
大学教授が流し台に水銀を捨て、指摘した学生に「おまえの健康なんて知ったこっちゃない」 =KIT

Menu

HOME

TOP