米が超兵器「空中空母」開発へ…「戦闘の形」が変わる

2chおもしろ 情報のお知らせです。

2chおもしろ情報を教えようかなあ。知りたい?

米が超兵器「空中空母」開発へ…「戦闘の形」が変わる
1 名前:くじら1号 ★@\(^o^)/:2014/12/30(火) 01:43:18.17 ID:???O.net

米が「空中空母」開発…無人機の発射・回収、空中給油で「戦闘の形」が変わる
SFの世界だけに存在すると思われていた「空中空母」の開発に、米国防総省高等研究計画局(DARPA)が乗りだし、話題となっている。まだ大学などの研究機関にアイデアを募集している段階だが、戦闘機の給油や無人機の発射・回収を可能にする空中空母が実現すれば、「戦闘の形」を大きく変えるのは間違いない。映画やゲームの世界でおなじみの超兵器「空中空母」は本当に実現するのか。

飛行中の戦闘機がミッションを受けた後、陸上基地に着陸せず、空中空母に着艦して燃料とミサイルを補給し、再出撃する-。空中空母といえば、ゲーム「エースコンバット」(バンダイナムコゲームズ)に登場する空中要塞や、米映画「アベンジャーズ」で活躍した、既存の空母の周囲四カ所に上昇用のエンジンを付けたものなどが思い浮かぶが、DARPAが開発するのは、こうした空母とは少し趣きが異なる。

米紙ワシントン・ポスト(電子版)などによると、RQ-4グローバルホークやRQ-1プレデターといった無人機用の母艦で、大量の無人機の発射、回収が可能というものだ。

その目的は、「無人機の活動可能範囲を広げることによって、経費の削減とパイロットの飛行事故や被撃墜などのリスクを減らす」(DARPA)というもの。グローバルホークは偵察用カメラや通信傍受機能を持ち、高度約1万8千メートルを30時間以上にわたり飛行する。操縦は米国本土から衛星経由で可能とされ、航続距離(片道)は約2万2千キロに及ぶ。
http://www.sankei.com/west/news/141125/wst1411250003-n1.html

続きを読む

記事引用元
米が超兵器「空中空母」開発へ…「戦闘の形」が変わる

次回も楽しみにして下さいね!

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(芸能)へ
にほんブログ村

エンタメ(全般) ブログランキングへ

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


【イスラム国】 「アベよ、おまえの国民を場所を問わずに殺りくする。日本にとっての悪夢が始まるのだ」…日本政府へのメッセージ全文
彩冷えるとかいうバンドの末路wwwwwwwwwwwwwwwww
【ゲス不倫】小倉優子がブログ更新「腹立たしい気持ちでいっぱい。」
人生をガラリと変える名言 格言
noimage
中国崩壊へのシナリオ!モラルなき国民性が中国を崩壊させる?法
ああ、波の音…ぼーっと海を眺めるサイトが癒されると話題に
noimage
【画像あり】吉沢明歩の最新画像wwwwwwww
【画像あり】こういう格好してる大学生wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ウサイン・ボルト、金メダル剥奪で日本が銀メダルに繰り上げ
【画像】一生懸命作ったシュークリームが、顔面にぶっかける用途にだけ使用されて女さん号泣wwwww
noimage
近藤 晃央『青木裕子出演「らへん」ムービーvol.1そこらへんが好き』
【プリクラ】ジャニーズWEST 小瀧『流星プリクラでは漏れない』 藤井・小瀧・神山・濱田

Menu

HOME

TOP