【岐阜】 「小学校侵入グマ射殺」に県外の“第3者”から非難殺到 「麻酔銃使え」「子供の目の前で殺すな」

【岐阜】 「小学校侵入グマ射殺」に県外の“第3者”から非難殺到 「麻酔銃使え」「子供の目の前で殺すな」
1 名前:ばーど ★:2017/10/12(木) 20:33:34.68 ID:CAP_USER9

1パーン、パーン。自然豊かな山間の校庭に銃声が鳴り響いた。岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の市立栃尾小学校(小谷好廣校長、児童64人)に9月、ツキノワグマが侵入し、駆けつけた猟友会メンバーが警察の指示のもとで射殺したのだ。当時は授業中で学校側は児童を教室で待機させ、児童や保護者にその都度状況を説明したため、大きな混乱はなかった。地元ではクマによるけが人も相次いでおり、今回の措置も「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だ。ところがネットや報道で騒ぎを知った県外の人から「小学校で射殺とは…」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している。

校庭でクマが見つかったのは9月6日午前11時半ごろだった。職員室の教職員が校庭を走る黒い動物を発見。周辺でもクマの目撃情報はあったが、学校の敷地に入ったことは一度もなく、松井健治教頭は「動きがとても速く、初めは黒い犬が入ってきたと思った」という。

しかし、よく見るとクマだったため、すぐに110番通報し、教職員が手分けして校舎1階と体育館の全てのドアや窓を施錠。児童らを教室で待機させ、西隣の市立栃尾保育園にも事態を伝え、警戒を促した。

通報の約10分後に県警高山署員や市職員、飛騨猟友会高山支部のハンターらが到着。一時、クマを見失ったが、その後、校庭南側の木に登り、高さ約3メートルの枝の上で何かを食べているのを発見。最初は爆竹で追い払うおうとした。

「爆竹が鳴りますが、驚かないように」。学校は校内放送を流し児童らに知らせるとともに、保護者へも「クマが校庭に侵入し、警察の指導で校舎内に避難しています。安全は確保されています」とメール配信した。

ところが約10分後、署員から連絡があった。「爆竹で威嚇するとクマが驚いて校舎の方へ逃げたり、隣の保育園や宅地へ向かう恐れがある。子供たちの安全を最優先し、射殺します」。署の判断だった。

発見から約1時間後、猟友会のハンターが木に登っているクマに2発を発砲。息絶えて途中の枝でひっかかったクマを脚立を使って署員と猟友会員らが下ろした。クマは体長約1メートル、体重約100キロで、雄のツキノワグマの成獣だった。
http://www.sankei.com/west/news/171012/wst1710120004-n1.html

続きを読む

 記事引用元
【岐阜】 「小学校侵入グマ射殺」に県外の“第3者”から非難殺到 「麻酔銃使え」「子供の目の前で殺すな」

 茨城のコンビニで”めちゃくちゃエ□いボイン女(Fカップ)”がバイトしてる。

俺を強烈に勘違いさせた女の子たちの行動ベスト5wwwwwwwwwww

【灼熱甲子園】氷で『◯◯◯◯』冷やすチアのJKが、地上波で映り込む放送事故→※撮られてるのに気付いて恥ずかしそうにする素振りがぐうカワwwwwww

【圧巻映像】745人の男女が一斉に全裸でビーチに!!ギネス記録更新!!

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(芸能)へ
にほんブログ村

エンタメ(全般) ブログランキングへ

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


【悲報】ジャパネットたかたさん、サッカーチームを買ったばかりに数千万円の罰金を払うハメに
【画像】ももちが引退コンサートでした最期の演出がカッコイイ・・・
noimage
韓流エンタメニュース】 入隊目前のユチョン(JYJ)が涙… 「JYJとして、また会おう」
【画像あり】 現役美人ナース「ブスは私の歩く道に赤絨毯敷いてくれない?w」
新入社員「飲み会は一部の人を排除することを前提にした差別的行事」「残業代出せ」
始まった!遊戯王デュエルリンクス始め方とリセマラ方法!アックスレイダーで始める?!
noimage
noimage
鳥越俊太郎 「高畑裕太さんの人権は守られるべき」
【バカッター】 アイドルグループの新メンバー2日で加入取り消し! 特攻服でDQNとのキス写真を自らツイッターに公開wwwwwwww
妊娠の生徒に体育実技要求 京都の高校、休学勧める…京都
韓流エンタメニュース】アルバム「DEVIL」を発表した韓国グループ「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)がラジオスター」で大暴露戦!
noimage
【韓流エンタメニュース】G-Dragon流出映像!ビッグバンのジードラゴンと水原希子の熱愛説が再浮上した問題の アイスバケツチャレンジ映像を公開!

Menu

HOME

TOP